*

美白成分アルブチンの実力とは?美白効果を高める使い方

さあ夏本番!海山川にとアウトドアが楽しみな季節ですが、油断をしていると一気にシミが出てきたり、シミが濃くなってきたりと、紫外線対策、美白ケアに気が抜けませんね。夏の紫外線
今回は、そんな夏本番にぜひ取り入れていただきたい優れた美白成分「アルブチン」の美白の仕組みや、その美白効果を最大化させる使い方をご紹介します!

美白成分アルブチンとは?

アルブチンは実は大きく2種類に分かれています。

β(ベータ)アルブチン

・元々化粧品に配合されていた方がβアルブチン。
・梨やコケモモ、ウワウルシなどの植物に含まれる天然の美白成分。

α(アルファ)アルブチン

・江崎グリコが開発した最新成分。
・ハイドロキノンにブドウ糖を転移(α結合)させて作られた。
・安定性・肌への親和性(肌馴染み)が高く、βアルブチンの10倍の効果があると言われている。

基本的にはどちらも美白作用のある成分に変わりはありませんが、同じアルブチンを使うなら、成分表示に「αアルブチン」があるものを選ぶとより美白効果が期待出来ると言えるでしょう。

アルブチンの美白メカニズム

αアルブチンもβアルブチンも、美白作用のメカニズムは全く同じです。

紫外線をたくさん浴びたあと、皮膚内で発生した活性酸素の刺激で、メラノサイト(色素細胞)の中でチロシナーゼという酵素が活発になります。そうすると、チロシナーゼの働きによって、メラニンの元であるチロシンがメラニンへと合成されるというのがシミ・日焼けが発生するプロセス。
メラニン生成過程

このチロシナーゼという酵素の働きを抑制することで、メラニンの生成を阻止するのがアルブチンの働きです。

ですから、日焼けしそうな日の前日や当日の朝に前もってアルブチンでケアをしておくと、シミや日焼けを起こしにくくなります。そうでなくても、無防備な肌で洗濯物を干したり、近所へちょっと外出したりと、日常生活での紫外線も侮れません。日焼けしそうなタイミングだけではなく、紫外線が強い7~9月下旬くらいまでは、ぜひ毎日のケアにアルブチンを積極的に使っていただきたいと思います。

美白効果を高めるアルブチンの使い方

メラニン生成プロセスのうち、「チロシナーゼ」に働きかけて美白するのがアルブチン。シミや日焼けが発生するまでには、先にご紹介したように複雑な過程があるため、「チロシナーゼ」への働きかけ以外の効果を持つ美白成分と組み合わせていくこと、使うタイミングを意識することが、より高い美白効果を出すための鍵となってきます。

ターンオーバー活性化成分と組み合わせる

ターンオーバー
ターンオーバー活性成分は、アルブチンで防ぎきれずに作られてしまったメラニンが沈着してシミになってしまわないように、肌代謝を促進して、メラニンを外へ排出する働きをします。

中でもEGFは、表皮細胞成長因子とも言われ、火傷の治療など皮膚再生医療分野で使用されるなど実績のあるターンオーバー活性成分。アルブチンでメラニン生成を抑制しながら、同時にEGFで外への排出も促す。シミを防ぐにはとても効果的な組み合わせです。

ビタミンCと組み合わせる

ビタミンC
ビタミンCも言わずと知れた美白成分の一つですが、アルブチンと違う面で期待できるのが、メラニンを無色化してシミを薄くする還元作用。わかりやすく言うと、濃くなってきてしまったシミの色を元の肌色に近づけて(戻して)くれるということです。

ビタミンCそのものは熱や光によって非常に壊れやすく、肌へ浸透しにくい性質を持っているため、肌に安定的に浸透していくように改良した「ビタミンC誘導体」が化粧品には使われます。多くの種類があるビタミンC誘導体は選び方で効果が全く変わってきます。浸透性・刺激性・安定性の面で一番私がおすすめしたいのがAPPSという最新型ビタミンC誘導体。全成分の表示名称は「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」となっていますので、選ぶ際に気をつけて見てみてください。

日焼け後72時間は特に積極的に使う

日焼け肌
日焼け後は、赤み・ヒリヒリ症状の次に、肌が浅黒くなる症状(サンタン)が現れます。サンタンが起こるまでには24~72時間ほどの猶予があるため、
日焼け後72時間(できれば24時間)以内に積極的にアルブチンを塗ってメラニンが過剰に作られるのを抑えることがポイントです。

また、それ以外にも日焼けした時のスキンケアでは
・火照りを冷ますこと
・肌が乾燥しやすいため、保湿ケアを十分に行うこと
が大切。

火照りによってメラニン生成が活発化するほか、しっかり保湿された状態でないとアルブチンなどの美白成分も肌に浸透しづらく効果が十分に発揮できないので、普段より化粧水をたっぷり与えることを心がけましょう。その点、アルブチンを含んだシートパックなら、ひんやりとしてクールダウンと保湿を一度でケアできます。冷蔵庫で冷やして常備しておくと、日焼けをした日に心強いレスキューアイテムとして活躍しそうですね!
シートパック

せっかくの夏のレジャー。シミを作りたくない!日焼けをしたくない人も、
アルブチンの違い、組み合わせ成分、使うタイミングや日焼け後のケアをしっかり理解して思いっきり楽しんでくださいね!

シミを作りたくない!日焼けのアフターケアを万全にしたいあなたに

α(アルファ)アルブチンを高配合した個包装タイプのシートパック。オーガニックのヘチマ水をはじめ、日焼けの炎症を鎮める成分もたっぷり使った夏にぴったりのお助けアイテムです!αアルブチンの実力をぜひお試しください。

天海のしずくグランスアルファシートマスク
美白シートパック

1枚入(13ml) 税込756円  ※メール便対応

関連記事

アンチエイジングを意識する女性

肌のアンチエイジングに本当に必要な3つのポイント

心機一転、春から化粧品やスキンケアの方法を見直そうと思われる方も多いと思います。スキンケアにかける時

記事を読む

スキンケアオイル

秋の乾燥肌を撃退する「オイル美容」

日ごとに深まる秋。お肌も衣替えをしている時季です。 朝洗顔する前に、頬からこめかみ辺りのお肌をじっ

記事を読む

頭皮たるみ

頭皮マッサージで1㎝リフトアップ!顔たるみを解消する正しい頭皮ケア

秋は、抜け毛が多くなると感じたことはありませんか? これは、夏の間に受けた強い紫外線、

記事を読む

汗をかく女性

汗が招く肌トラブル!夏の美肌づくりは汗対策がポイント

今年の夏は格別に暑いですね。そんな暑さと切り離せない悩みが『汗』。お肌を潤してもくれる大切な汗ですが

記事を読む

女性の目元

冬に進行する目元老化をストップ!美目元をつくる習慣とケア

新しい年も始まり、寒さや乾燥もいよいよピーク。 家の中では暖房器具が、外出すると冷たい乾いた風が容

記事を読む

化粧水保湿

これさえ知っていればこわくない!うっかり日焼けの対処法

4月からじわじわ増え続けてきた紫外線。真夏はまだまだ先・・・なんて気持ちもわかりますが、紫外線量を見

記事を読む

シートパック

パックの疑問を徹底解説!シートパックの正しい使い方

本格的な乾燥の季節がやってきました。保湿美容液をたっぷり含んだ顔型のシートパックを、いつものケアに加

記事を読む

パックの頻度

はじめよう、育菌!美肌を育てるキーマン「皮膚常在菌」

お肌をきれいに保つには、お肌に生息する「皮膚常在菌」の働きが重要であることが最近注目され始めました。

記事を読む

紫外線

今さらだけど詳しく知らない美容ワード!よくわかる「光老化」の話

夏の訪れといえば、気になるのが紫外線。あなたは『光老化』という言葉をご存じですか。 光老化とは

記事を読む

パックへの疑問

美白ケアの疑問にお答え!4月から急上昇する紫外線に効果的な美白ケア

うららかな日差しが気持ちの良い季節。お花見やイベントなど、外出の機会も多くなってきましたね。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

頭皮たるみ
頭皮マッサージで1㎝リフトアップ!顔たるみを解消する正しい頭皮ケア

秋は、抜け毛が多くなると感じたことはありませんか? これ

ターンオーバー
紫外線ダメージを溜めこまない、ターンオーバー復活スキンケア!

紫外線の強い季節、その肌への影響が心配ですよね。 紫外線対策のケ

美白女性
美白成分アルブチンの実力とは?美白効果を高める使い方

さあ夏本番!海山川にとアウトドアが楽しみな季節ですが、油断をしていると

洗顔する女性
梅雨特有の肌悩みを解消!洗顔の見直しで毛穴の角栓・黒ずみ対策

ジメジメと湿度が高くなるこの季節は、乾燥が落ち着く反面、過剰な皮脂によ

糖化対策
今話題の「糖化」がまるわかり!肌を老化させない効果的な糖化対策

いつまでも若々しいお肌でいたいと思った時、多くの方は紫外線や乾燥といっ

→もっと見る

PAGE TOP ↑