洗顔の見直しで毛穴の角栓・黒ずみ対策 | 賢く健康美肌になる方法

*

梅雨特有の肌悩みを解消!洗顔の見直しで毛穴の角栓・黒ずみ対策

ジメジメと湿度が高くなるこの季節は、乾燥が落ち着く反面、過剰な皮脂によって起こるざらつきや毛穴の悩みをお持ちの方が多いのではないでしょうか。
洗顔する女性
今回は皆さん関心の高い、毛穴の角栓、黒ずみ対策に効果的な洗顔料の選び方や洗顔のポイントをわかりやすく解説していきます。

毛穴の開き・角栓・黒ずみの原因

ベタつき、ざらつき、そして黒ずみ・開き・角栓に代表される毛穴悩みは、ほとんどの場合過剰な皮脂分泌によってもたらされます。
毛穴イメージ

気温の上昇でどんどん皮脂が分泌される一方、外気の湿気が多いと皮脂は肌の上で停滞してしまい、これが不快なベタつきに。

皮脂の分泌が多いと出口を広げようとするため、皮脂腺が付随する体毛の出口=毛穴が開いていきます。なんとなく肌全体からにじみでているわけではありません<(_ _)>

開いた毛穴、特に鼻周辺は角質が厚い分、毛穴の奥が深く皮脂が溜まりやすくなるため、皮脂が毛穴の奥で長く留まると酸化して黒ずみに変化します。

さらに、皮脂が古い角質と混ざり合って毛穴に詰まったものが角栓。白くポツポツと目立ち、角栓が多くなると手で触れたときにザラつきとして感じられます。角栓は「脂肪の塊」のように思っている方も多いと思いますが、実はこれは70%が古い角質(タンパク質)。油でこすっても角栓を溶かし出すことはできませんが、クレンジングオイルなど油ベースのもので一生懸命に落とそうとしている方も多いようです。

そうすると今度は、肌に必要な細胞間脂質(セラミド)や天然保湿因子(NMF)まで奪いすぎて乾燥が起こり、肌が硬くなって角栓が溜まりやすくなったり、過乾燥によって余計に皮脂分泌が活発になってしまったりと悪循環に。

皮脂、黒ずみ、角栓を何とかしたいと思ったら、クレンジングや毛穴シートパックではなく、「洗顔」を見直すことがポイントです。

ベタつき・ざらつき・毛穴対策洗顔料の種類

通常の洗顔料にプラスアルファの機能を加えた洗顔料を選ぶのも良いでしょう。代表的なものを解説していきます。

スクラブ系洗顔料

スクラブ洗顔料
大きめの粒子を含んでいて、洗浄の際の摩擦効果を高めて物理的に角質を剥がします。スクラブの材料は、米ぬかやあずき、こんにゃく、海草、塩、とうもろこしなどの天然のものから、マイクロビーズなどプラスチックでできた不溶性成分まで様々。物理的刺激度重なる肌への摩擦刺激は、一回ごとは大したことがなくても確実にダメージが蓄積され肌老化を促進させる行為なので、決して強くこすらないことを大前提に多くても週1回までに留めましょう。

泥(クレイ)、炭系洗顔料

クレイ洗顔料
無数の穴が空いている構造をしているのが泥や炭の特徴。それを利用して、スポンジのように汚れを吸い寄せるような働きをしてくれます。なかでもクレイはイオンの力でも肌上の汚れを吸着します(クレイはマイナスイオン、肌上の汚れはプラスイオンを帯びているからです♪)。顔料に溶け込んでいる泥や炭はミクロレベルの微粒子なので、スクラブと比べて摩擦がマイルドだと言えます。

AHA系洗顔料

フルーツ酸
フルーツから抽出される酸の溶解力で角質を剥がします。溶解作用が強力であるため、元々は医療機関でのケミカルピーリングで用いられてきました。ホームケア用のものは、濃度やpHを調整して剥離作用を穏やかにしている場合がほとんどなので、直ちに副作用(赤みや腫れ、水泡)が出ることは考えにくいですが、肌の薄い方、弱い方、極度に乾燥されている方は使用を控えた方が良いでしょう。

酵素系洗顔料

酵素パウダー洗顔料
酵素は水と混ざり合った時に最も活性化されるため、酵素洗顔料のほとんどはパウダー状。タンパク質や脂肪を分解する酵素の働きによって、角質、角栓、そして皮脂汚れまでトリプルで落とすことができます。酵素の種類も様々ですが、青い未熟なパパイヤから採れる天然のパパイン酵素は、不要なタンパク質だけを分解する特性を持つため、肌を摩擦で傷めたり、健康な角質を溶かしてしまうリスクがなくおすすめです。

プラスα機能洗顔料を使うときのポイント

プラスαの機能を持った洗顔料は、上手に活用すれば見違えるような肌の変化を体感できますが、誤った使い方をすれば肌トラブルを起こすこともあるで、使うタイミングや頻度をしっかり理解しておきましょう。

■使ってはいけないとき
肌が敏感なとき、乾燥がひどいとき、炎症のある大人にきびや肌荒れがある場合

■使うべきとき
肌がゴワゴワする(角質肥厚)、スキンケアの浸透が悪くなってきた、毛穴の黒ずみや角栓が目立つ、くすみがあるなどの場合

使用のポイント

(1)週1回、夜からスタート
洗顔

初めて試すときは、夜に週1回から始めましょう。それで肌状態が改善されれば、週1回でも十分です。効果を感じにくい場合は、2日ほど空けて夜にもう一度試してみてください。自分の肌状態を見ながら、少しずつ回数を増やしていくのがポイントです。

<肌質別の使用目安>
普通肌・脂性肌=週3~4回
乾燥肌=週1~2回
敏感肌=週1回~2週間に1回or使わない

また、年齢とともに肌は刺激に弱くなるので、年齢に応じて目安よりも少なめにするように心がけましょう。

(2)ぬるま湯でやさしく
ぬるま湯
32℃くらいのぬるま湯(感覚的にはほとんど水)で予洗いをし、しっかりと泡立てた洗顔料を肌に乗せ、皮脂の多いTゾーンから順にあご、頬、最後に乾燥しやすい目元を通って優しく洗います。黒ずみ、角栓が気になるからといっても、洗顔時の摩擦は肌老化の最大の敵。気持ちを我慢して決してゴシゴシをこすらないようにし、1分以内で洗い流してください。

(3)洗顔後の保湿をしっかり
化粧水保湿
洗顔後は肌が柔らかくなり、いつもよりスキンケアが浸透しやすい状態です。良い肌状態である反面、刺激や乾燥に弱い状態でもあります。普段より入念に保湿を行いましょう。化粧水のコットンパックや専用のシートパックを取り入れるのも効果的です。また、洗顔後に普段の化粧水で刺激を感じた場合は、洗顔料が合っていなかったか、やってはいけない肌状態であった可能性が高いため、一旦中止しましょう。

今ある毛穴悩みやごわつく肌などを解消したい気持ちはよくわかりますが、急がば回れです。そういった肌トラブルを繰り返さないように、正しい知識を持って、少しずつ確実に良くしていきましょう。

毛穴の角栓・黒ずみを何とかしたいあなたにおすすめ

天然のタンパク質分解酵素(パパイン酵素)を配合した、しっかり泡立つ酵素洗顔料。合成界面活性剤を一切使用していないため、お肌に必要な潤いを取りすぎることなく、古い角質や毛穴の汚れをやさしく取り除き、なめらかな素肌を引き出していきます。

酵素洗顔料

泡立ち

ドゥフレッシュ クリスタルクレンジング
(酵素洗顔料/2g×30包)
税込2,268円

関連記事

パックの頻度

はじめよう、育菌!美肌を育てるキーマン「皮膚常在菌」

お肌をきれいに保つには、お肌に生息する「皮膚常在菌」の働きが重要であることが最近注目され始めました。

記事を読む

シートパック

パックの疑問を徹底解説!シートパックの正しい使い方

本格的な乾燥の季節がやってきました。保湿美容液をたっぷり含んだ顔型のシートパックを、いつものケアに加

記事を読む

頭皮たるみ

頭皮マッサージで1㎝リフトアップ!顔たるみを解消する正しい頭皮ケア

秋は、抜け毛が多くなると感じたことはありませんか? これは、夏の間に受けた強い紫外線、

記事を読む

ターンオーバー

紫外線ダメージを溜めこまない、ターンオーバー復活スキンケア!

紫外線の強い季節、その肌への影響が心配ですよね。 紫外線対策のケアや、紫外線を浴びた後のケアは

記事を読む

汗をかく女性

汗が招く肌トラブル!夏の美肌づくりは汗対策がポイント

今年の夏は格別に暑いですね。そんな暑さと切り離せない悩みが『汗』。お肌を潤してもくれる大切な汗ですが

記事を読む

パック 使い方

肌老化リスクは9、10月がピーク!秋肌に必要なスキンケア

夏の間に受けた紫外線ダメージがお肌に出てくる時期。私どものエステサロンにも、お肌のくすみやごわつきが

記事を読む

パックのタイミング

弱肌・敏感肌になってしまわないための正しい洗顔方法

今年もジメジメする梅雨に入りました。この季節は気温も湿度も一緒に上昇するので、肌表面がベタベ

記事を読む

紫外線

今さらだけど詳しく知らない美容ワード!よくわかる「光老化」の話

夏の訪れといえば、気になるのが紫外線。あなたは『光老化』という言葉をご存じですか。 光老化とは

記事を読む

美白女性

美白成分アルブチンの実力とは?美白効果を高める使い方

さあ夏本番!海山川にとアウトドアが楽しみな季節ですが、油断をしていると一気にシミが出てきたり、シミが

記事を読む

ルースファンデーション

ファンデーションの種類と成分を大解剖!肌に優しいファンデーションの選び方

3月は、春の新作ファンデーションが各社から続々と発売されるシーズンですね。普段、スキンケアは気をつけ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

頭皮たるみ
頭皮マッサージで1㎝リフトアップ!顔たるみを解消する正しい頭皮ケア

秋は、抜け毛が多くなると感じたことはありませんか? これ

ターンオーバー
紫外線ダメージを溜めこまない、ターンオーバー復活スキンケア!

紫外線の強い季節、その肌への影響が心配ですよね。 紫外線対策のケ

美白女性
美白成分アルブチンの実力とは?美白効果を高める使い方

さあ夏本番!海山川にとアウトドアが楽しみな季節ですが、油断をしていると

洗顔する女性
梅雨特有の肌悩みを解消!洗顔の見直しで毛穴の角栓・黒ずみ対策

ジメジメと湿度が高くなるこの季節は、乾燥が落ち着く反面、過剰な皮脂によ

糖化対策
今話題の「糖化」がまるわかり!肌を老化させない効果的な糖化対策

いつまでも若々しいお肌でいたいと思った時、多くの方は紫外線や乾燥といっ

→もっと見る

PAGE TOP ↑