*

パックの疑問を徹底解説!シートパックの正しい使い方

本格的な乾燥の季節がやってきました。保湿美容液をたっぷり含んだ顔型のシートパックを、いつものケアに加える方も多いのではないでしょうか。しかし、今やシートパックはその豊富な種類と値段、タイミングやパック時間など、選ぶにも使うにも特に悩んでしまうアイテムとなっています。
シートパック
あなたはシートパックをきちんと使えていると自信を持って言えますか?

そこで今回は、疑問だらけの「シートパックの正しい使い方」をエステティシャンが徹底解説します。

高いものと安いもの、何が違うの?

今や100円ショップでも売られているシートパック。ドラッグストアで30枚以上入って1,000円未満の大容量なものがある一方で、ハイブランドでは1枚2,000円以上のものも販売されています。何が違うのでしょうか。それには大きく分けて3つの違いがあります。
パックへの疑問

シートマスク液のちがい

1つ目は、シートマスクに染みこませておく液(マスク液)による違いがあります。配合成分や濃度、量によって価格に違いが出てくるのです。

一般的には保湿・抗酸化・美白成分といった有効成分の濃度は美容液の水準に合わせて作ることが多く、そもそも原料コストがかかるものです。これはイメージが沸きやすいですよね。

シートのちがい

2つ目は、シートによる違いがあります。顔型のシートマスクは、素材(コットン、パルプ、レーヨンなどの繊維)×厚み(素材の使用量や組み合わせ)×型(大きさや切れ込み位置)によって、価格が変わってきます。特殊素材を採用したり、オリジナルの顔型でつくるには製造コストが上がる分、価格にも反映されるのです。

また、法律で全成分表示が義務化されている化粧品ですが、シートパックについては、マスク液の全成分表記だけでOK(素材は表示義務なし)であるため、実はメーカーにとってはコストを削る対象にしやすい部分でもあります。しかしながら、そんな中でも素材をきちんと表示している優良なメーカーもあるので、購入時にはぜひチェックみてください。

私なら、何の素材を使っているのかがやはり気になります。マスク液がいくらオーガニックやケミカルフリーでも、染みこませているシートパックが化学繊維の不織布となると、顔に貼って浸透させていくアイテムだからこそ、薬剤を極力使わずに脱脂させた天然コットンを使っているものを選びたいと思います。

包装方法によるちがい

3つ目は、1袋に大容量入っているのか、個包装になっているのかによる違いです。個包装のものは製造の手間がかかるので価格も当然高くなりますが、衛生上、個包装の使い切りタイプのものをおすすめします。

また、個包装(使い切りタイプ)だと、パラベンやエタノールなどのきつい防腐剤の使用量が少なくて済むのも、お肌にとっては良いところですね。特に敏感肌の方は個包装タイプのものを選ぶ方が良いでしょう。

パック時間は長い方がより浸透する?

顔から外した後に、まだ液が残っていて捨てるのがもったいないと思ったことはありませんか?しかし、パック時間は説明書の時間(大体10~15分程度のものが多い)を必ず守ってください。というのも、規定の時間を超過して液が乾いていくのと一緒にお肌の水分も奪っていってしまうのです。ですから、パックをしたまま寝るなんていうのはもってのほか!
ストップ

シートマスクに残った液がもったいないなら、デコルテやボディにパッティングしてから潔く処分しましょう。

パックは毎日しても良いの?

基本的にはスペシャルケアですから、週1回程度で十分です。不調になってから連続的に使うのではなく、お肌がガクッと調子を落とすことがないように週に1回をコンスタントに使うのが理想的です。しかしながら、使った晩の翌日が一番効果が出やすいため、特別な日の前日などにはプラスして使うと良いでしょう。
パックの頻度
逆に、毎日連続的に使用したところで、すぐに肌トラブルが直結することはほとんどなく、むしろ最初はお肌の調子がぐんぐん良くなっていくはずです。

大切なのはここから。長期的に見ると、皮脂を分泌する力や水分量を保つ力など自分のお肌が元々持っている機能の低下につながってしまいます。人間の身体には、「ホメオスタシス」といって一定の状態を保つ機能が備わっていて、“与えすぎたら出さなくなる。使わなすぎると衰える。”という具合に常にバランスをとっていくからです。パック時間と同様、やり過ぎは禁物です。

パックはスキンケアのどこに組み込むのがベスト?

パックは基本的に洗顔後すぐ、または化粧水塗布後に行います。これはマスク液の構成成分によって変わってきますので、まずは自己流のアレンジはせずに説明書通りに使うことをおすすめします。
パックのタイミング
油分が入っているマスク液の場合は、その油分をお肌に行き渡らせるために化粧水をつけおいた方が良いですね。油分が入っていない場合は、洗顔後すぐに使ってかまいません。ただ、洗顔してから時間が経って、お肌がカラカラの時は一度化粧水を塗ってお肌を柔らかくしてからパックをすると浸透が良くなります。

パックをするのは朝?夜?

朝晩
どちらかというと、パックは夜に行うのがおすすめ。日中に疲れたお肌に夜パックでしっかり栄養補給してあげるのです。特に、夜の入浴後は角質が柔らかく、血行も良くなっていて、栄養成分が浸透しやすい状態になっているので、パックをするタイミングとしては最も効果的。

さらに言うと、パック(シートマスク)をしているときは心拍数が下がって、副交感神経が活発(リラックス状態)になるという研究データ(※1)もあります。パック後もリラックス状態がしばらく続いているそうです。精神面にも効果を期待するのであれば、入浴後からお休み前にかけてがベストと言えるでしょう。
(※1) 参考元:「自律神経活動を指標としたコスメティック・フェイシャルマスクの心身リラクセーション効果」日本女性心身医学会雑誌

また、朝パックをするのも決してNGというわけではありません。朝、メイク前にパックをしてからメイクをすると、のりが明らかに違いますし、持ちも良くなります。特別な日には朝にも入れてみても良いでしょう。ただし、パックを外してから、しっかりと液をお肌になじませておくことがポイント。肌表面が異様にべとついていたり、液がまだ残っていると、ファンデーションがムラになったり、うまくのならないことがあるので、時間に余裕を持って試してください。

シートパック(シートマスク)の正しい使い方まとめ

パック 使い方

■どのくらいの頻度

週に1回程度

■いつ

夜の入浴後
洗顔後の素肌にそのまま、または化粧水塗布後

■どのくらいの時間

10~15分間

■その他のコツ

・シートマスクで覆われていない部分(目の周りや口元など)にも、袋に余ったマスク液を塗っておくこと!
・パック時間を利用して、同時進行で唇にもリップクリームを多めに塗ってラップパックをしてみる!
・マッサージをするなら、パック前が有効!

■このような時は避けましょう

・入浴中、サウナ中など汗が出ているとき
・日中汗をかくことが予想される夏場の朝
・肌荒れや湿疹、肌が炎症を起こしているとき

おすすめのシートパックはこちら

水を一滴も使わずに、オーガニック植物エキスが作り出す濃密なとろみ美容液をたっぷり含んだ、個包装タイプのシートパック!シート素材にもオーガニックコットン100%を使用し、ふんわりと優しいつけ心地。乾燥で疲れがちなお肌をもっちりとした潤いとしなやかなハリで満たします。イベントが多いこの年末シーズン、週1回のスペシャルケアアイテムをこの機会に手に入れてみてください(*^_^*)
シートパック

天海のしずくオーガニック トリートメントマスク
4枚入 3,996円(税込) 
お試し1枚入 1,080円(税込)
※4枚入3,996円に限り、2016年12月24日までメール便送料無料!(メール便 通常250円)

シートパックは賢く取り入れることで、何倍にも効果を引き出すことができ、ちょっとした工夫次第ではエステ帰りに匹敵するほどの実感を得られます。あなたもこの冬、シートパックをうまく使って憧れの美肌を手に入れてみませんか?

関連記事

頭皮たるみ

頭皮マッサージで1㎝リフトアップ!顔たるみを解消する正しい頭皮ケア

秋は、抜け毛が多くなると感じたことはありませんか? これは、夏の間に受けた強い紫外線、

記事を読む

ターンオーバー

秋美容は『保湿』だけではダメだった!9月に始めてほしいターンオーバー復活美容術

強力な紫外線も落ち着いて、その肌への影響が心配になってくるのが今の時期ですね。ひと夏を乗り切った肌は

記事を読む

紫外線ダメージの影響

湿度が下がる10月に始める!目元のシワ対策特集

秋が深まるにつれて、湿度が下がり、徐々に乾燥が気になってくる季節。 インターネット検索で「乾燥

記事を読む

汗をかく女性

汗が招く肌トラブル!夏の美肌づくりは汗対策がポイント

今年の夏は格別に暑いですね。そんな暑さと切り離せない悩みが『汗』。お肌を潤してもくれる大切な汗ですが

記事を読む

洗顔する女性

梅雨特有の肌悩みを解消!洗顔の見直しで毛穴の角栓・黒ずみ対策

ジメジメと湿度が高くなるこの季節は、乾燥が落ち着く反面、過剰な皮脂によって起こるざらつきや毛穴の悩み

記事を読む

汗による肌トラブル

夏本番に向けてお肌を整えよう!梅雨に起こりやすい肌トラブル対策

こんにちは。日本エステティック協会認定エステティシャンの田所知佳です。 梅雨空のもと、「乾燥の

記事を読む

美白女性

美白成分アルブチンの実力とは?美白効果を高める使い方

さあ夏本番!海山川にとアウトドアが楽しみな季節ですが、油断をしていると一気にシミが出てきたり、シミが

記事を読む

パックの頻度

はじめよう、育菌!美肌を育てるキーマン「皮膚常在菌」

お肌をきれいに保つには、お肌に生息する「皮膚常在菌」の働きが重要であることが最近注目され始めました。

記事を読む

アンチエイジングを意識する女性

肌のアンチエイジングに本当に必要な3つのポイント

心機一転、春から化粧品やスキンケアの方法を見直そうと思われる方も多いと思います。スキンケアにかける時

記事を読む

ルースファンデーション

ファンデーションの種類と成分を大解剖!肌に優しいファンデーションの選び方

3月は、春の新作ファンデーションが各社から続々と発売されるシーズンですね。普段、スキンケアは気をつけ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

頭皮たるみ
頭皮マッサージで1㎝リフトアップ!顔たるみを解消する正しい頭皮ケア

秋は、抜け毛が多くなると感じたことはありませんか? これ

ターンオーバー
秋美容は『保湿』だけではダメだった!9月に始めてほしいターンオーバー復活美容術

強力な紫外線も落ち着いて、その肌への影響が心配になってくるのが今の時期

美白女性
美白成分アルブチンの実力とは?美白効果を高める使い方

さあ夏本番!海山川にとアウトドアが楽しみな季節ですが、油断をしていると

洗顔する女性
梅雨特有の肌悩みを解消!洗顔の見直しで毛穴の角栓・黒ずみ対策

ジメジメと湿度が高くなるこの季節は、乾燥が落ち着く反面、過剰な皮脂によ

糖化対策
今話題の「糖化」がまるわかり!肌を老化させない効果的な糖化対策

いつまでも若々しいお肌でいたいと思った時、多くの方は紫外線や乾燥といっ

→もっと見る

PAGE TOP ↑