*

今話題の「糖化」がまるわかり!肌を老化させない効果的な糖化対策

いつまでも若々しいお肌でいたいと思った時、多くの方は紫外線や乾燥といった外側からの影響をばかり気にしがちですが、実際には肌老化は内側からも進んでいます。それが今話題の「糖化」。
活性酸素による酸化が「身体のサビ」と言われるのに対して、糖化は「身体のコゲ」と言われ、見た目の老化を急速に進める要因として注目されています。今回は「糖化の原因と肌に与える影響・今すぐできる抗糖化対策」についてわかりやすくご紹介します。

糖化ってなんだろう?

タンパク質や脂質が熱により糖と結びつく反応のことです。糖化反応が進んでいくと最終的にはコゲのような物質「AGEs(エイジス)」が作られ、これによって様々な疾病や老化の原因になることが分かっています。

コゲ目のついたホットケーキ

ホットケーキのように、小麦粉(糖)とバター(動物性油脂)が混ざったものを焼くと、こんがりキツネ色になりますよね。これこそが糖化反応。そして、こんがりキツネ色の部分にAGEsが発生しているのです。
揚げる、炒めるなど油を使う調理法で加熱した動物性脂肪食品、油を使う調理法で加熱したジャガイモ・ご飯・パン・麺類などの炭水化物には特にAGEが多く含まれます。例えば鶏肉を唐揚げにした場合と蒸し焼き調理した場合とでは10倍以上もAGEs含有量が違ってくるそうです。「焼き目、焦げ目のついた食品はAGEsが多い」ことを目安に覚えてください。美味しいんですけどね。。。(悲)

糖化反応

また、AGEsの摂取を避ければ良いのかというとそれだけでは不十分。タンパク質である身体の各組織(筋肉、皮膚、髪の毛、骨の一部)に血液中の余分な糖がくっつき、体温によって熱が加わることで、体内でも糖化反応が起こり、AGEsが発生します。

さらに、厄介なことにこの老化を促進させる物質AGEsは分解・排出されにいという特徴も持っているため、これから体内に蓄積させないための「予防」に目を向けて取り組むことが大切です。

糖化の最大の原因

血糖値
糖化反応は、「糖とタンパク質との接触時間が長ければ長いほど進む」という特徴があるため、高い血糖値は糖化の最大の原因と言われています。通常、口から食べたご飯・パン・麺・ジャガイモ・砂糖などの炭水化物は、体内で消化酵素によって分解されブドウ糖となり、エネルギーとして利用されますが、この糖の数が急激に増えてしまうと血液中で余ってしまい(血糖値が高い状態)、余った糖が体内組織のタンパク質とくっついて糖化反応が進みます。つまり、血糖値の急激な上昇の繰り返しや慢性的な高血糖状態は、余った糖が体内組織(タンパク質)とくっつき放題になるため、糖化を進める最大の原因と言えるのです。

糖は生命を維持するために絶対的に必要なエネルギー源。生きていく上で糖化を全く発生させないことは不可能ですが、食生活をはじめとする日々の生活習慣で、そのリスクを下げていくことはできます。

老化促進物質AGEsが与える影響

糖化肌
肌や髪、骨など全身の老化の進行や、体調不良にはじまり糖尿病や高血圧、癌などの様々な病気をもたらすことが近年の研究でわかってきました。
例えば、AGEsが皮膚に蓄積すれば、ホットケーキがこんがりきつね色になるように(タンパク質の褐色変化)肌に黄くすみが出るようになり、真皮のコラーゲン繊維に蓄積すれば、肌のハリや弾力が失われてシワやたるみへと進行。頭皮に蓄積すれば柔軟性が失われ、血行も悪くなることで薄毛、抜け毛の原因に。血管に溜まれば動脈硬化、骨なら骨粗しょう症とあらゆる細胞や器官に影響を及ぼします。

すぐ実践できる!6つの糖化対策

糖化対策

1 ゆっくり良く噛んで食べる

よく噛むことで、血糖値を下げるインスリンの分泌を促進するホルモンが出てくるため、食後の血糖値が上がりにくくなります。

2 食べる順番に気を付ける(野菜→汁物→タンパク質のメインおかず→ご飯などの炭水化物)

食物繊維が豊富な野菜から食べることで、腸内での糖質の吸収を緩やかにして血糖値が上がりにくくなります。食物繊維豊富な野菜は噛む必要がありますから、満腹感も得られ、結果的に後に食べる炭水化物の量も少し減らすことができるのです。

3 炭水化物(糖質)を摂りすぎない

1と2を実践しているからといって炭水化物を摂り過ぎるのはもちろんNG。特に、砂糖は糖の中でも分子が小さいためにブドウ糖に分解されやすく、空腹時に砂糖をたくさん使ったお菓子や果糖ブドウ糖液糖(炭酸ジュースやスポーツ飲料などの原材料を見てみてください)で甘みをつけている清涼飲料水を摂取すると血糖値があっという間に上昇してしまうので気をつけましょう。

4 食後1時間くらいのタイミングで体を動かす

血糖値が上がってAGEsができやすいのが食事の1時間後くらいのタイミングと言われています。激しい運動は無理でも意識して家事をするなど少しでも身体を動かすようにしてください。

5 質の良い睡眠をとる

睡眠も糖化と関係があることがわかっています。睡眠時間が6時間未満のグループは、それ以上のグループと比べて皮膚内のAGEs量が多い傾向にあるといった研究結果が出ているようです。質の良い深い眠り(ノンレム睡眠)が十分にとれていると、新陳代謝を司るメラトニンや成長ホルモンがより多く分泌がされ、結果的にAGEsが定着しにくくなることと関係がありそうです。

※また、紫外線を浴びやすい顔と服で覆われているお腹の皮膚とでは、AGEs量に数十倍の差があることも明らかになっているようで、糖化の観点からも紫外線は避けたいものです。

6 抗糖化作用のある食品を摂取する

そして、気になる抗糖化作用のある食品ですが、一番手軽に摂れて継続しやすいため、おすすめしたいのが「お茶」。同志社大学の研究で78種の健康茶サンプルを対象に肌の抗糖化について実験したところ、甜茶、ドクダミ茶、柿の葉茶、グァバ茶、ルイボスティーが極めて高い抗糖化活性を示したとのこと。中でもグァバ茶葉特有のポリフェノールは、食事で摂った炭水化物を体内で糖に分解する消化酵素の働きを阻害する作用で、特定保健用食品の成分としても認められており、血糖値が高い方からも注目されています。糖化の入り口でシャットアウトできるのはとても心強いですね。

AGEsになってしまったタンパク質は元には戻らないので、今日から少しずつでも生活習慣を改めて、糖化による老化を少しでも防ぎましょう。

抗糖化をさっそく実践したいあなたにおすすめ

高知大学土佐FBCでの研究において、糖の吸収を担う消化酵素の働きを阻害する作用が市販のグァバ茶より優れていることが実証されている国産グァバ茶。じっくり焙煎しているので健康茶独特の青臭さがなく、食事にも合う番茶のような香ばしい味わい。高知県産のオーガニック茶葉100%でカフェインゼロ!とお子様からお年寄りまで安心して毎日お召し上がりいただけます。
国産グァバ茶
国産グァバ茶
国産グァバ茶

高知県産ジュジュグァバティー
お試し2g×1包入  130円(税込)
2g×5包入     540円(税込)
2g×30包入    2,808円(税込)

関連記事

インフルエンザ予防に効果的なグァバ茶

インフルエンザ予防効果でグァバ茶が大注目されている理由

寒さが増してくると毎年気になってくるのが、インフルエンザ。 ついに全国的に流行期のピークに入りまし

記事を読む

ダイエット

今年こそは年末年始太りしたくない方へ。「太らない」ための3つの方法。

1年のうちで最も太りやすいといわれるのが12月。 民間調査のあるデータによると、70%を超える

記事を読む

冷え症女性

今年こそは温活で健康美人!冷え体質チェックと改善方法

冷え症さんにとっては寒さが辛い季節ですね。「体を冷やすと良くない」というのは今や常識ですが、重ね着に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

頭皮たるみ
頭皮マッサージで1㎝リフトアップ!顔たるみを解消する正しい頭皮ケア

秋は、抜け毛が多くなると感じたことはありませんか? これ

ターンオーバー
紫外線ダメージを溜めこまない、ターンオーバー復活スキンケア!

紫外線の強い季節、その肌への影響が心配ですよね。 紫外線対策のケ

美白女性
美白成分アルブチンの実力とは?美白効果を高める使い方

さあ夏本番!海山川にとアウトドアが楽しみな季節ですが、油断をしていると

洗顔する女性
梅雨特有の肌悩みを解消!洗顔の見直しで毛穴の角栓・黒ずみ対策

ジメジメと湿度が高くなるこの季節は、乾燥が落ち着く反面、過剰な皮脂によ

糖化対策
今話題の「糖化」がまるわかり!肌を老化させない効果的な糖化対策

いつまでも若々しいお肌でいたいと思った時、多くの方は紫外線や乾燥といっ

→もっと見る

PAGE TOP ↑