汗によるトラブル!夏の美肌作りは汗対策がポイント | 賢く健康美肌になる方法

*

汗が招く肌トラブル!夏の美肌づくりは汗対策がポイント

今年の夏は格別に暑いですね。そんな暑さと切り離せない悩みが『汗』。お肌を潤してもくれる大切な汗ですが、大量の汗をかいた後にはケアを疎かにしてしまうと、化粧崩れするだけではなく、お肌にも様々な影響を与えてしまいます。
汗をかく女性

そこで今回は、“夏をすっきりきれいに過ごすための汗対策”をご紹介します。

汗の役割と肌トラブル

汗には、体温を一定に保つ役割があり、必要以上に上がってしまった体温を下げる働きをしています。

汗をかくことは、健康のためにはとても大切なことなので、汗をかかないようにするのが良いことでは決してありませんが、汗をかいた後にそのまま放置してしまったり、間違った方法で対処してしまった場合には肌トラブルに繋がってしまいます。

顔汗による主な肌トラブル

■ ニキビや吹き出物
■ 毛穴詰まり、黒ずみ
■ かぶれ(赤みや炎症)
■ 乾燥

汗による肌トラブル
夏の暑さとともにこれらのお悩みが強く出るようになった場合は、汗のダメージによるもの可能性が大いにあります。汗をかいた後のケアを見直していきましょう。

汗はお肌に良いの?

汗には、暑い時や辛いものを食べたときに出るような目に見える汗と絶えず肌を潤すために角質層から出ている汗(不感蒸泄)があります。

“天然の化粧水”とも言われる汗ですが、実はうるおいをもたらしてくれる汗とは、不感蒸泄と呼ばれる目に見えない、自覚のない汗のことを指します。しかも、天然の化粧水として汗がきちんと働くためには、角質層(お肌の最表面層)で作られる水分を保持する因子(NMF)が十分な量あって、角質層自体が健康である必要があります。角質細胞間がすかすかでダメージを受けている状態だと、いくら汗で肌を潤そうとしても、水分(汗)を抱え込むことができないので水分は蒸発していく一方・・・。決してお肌が潤うことはありません。

汗は、基本的に体内の温度を下げるために出るもので、潤いを与えるためのものではないことを覚えておきましょう。

ドロドロ汗とサラサラ汗のちがい

また、暑い時に身体はあまり汗が出ないのに、顔だけに汗をかいてしまう方(ズバリ運動不足です!)は、“汗の質”が悪いので特に気をつけてください。

全身から均等に汗をかいている状態ならば、汗腺からのミネラル再吸収がしっかり行われ、塩分濃度の低いサラサラ汗となります。逆に、顔だけに大量に汗が出てしまう場合は、塩辛いドロドロ汗になります。これは、汗が汗腺を素早く通り過ぎてしまうため、ミネラルが再吸収されず、そのまま分泌されてしまうためです。塩分を多く含むドロドロ汗はお肌へのダメージがより大きくなるので、自分のかいている汗がサラサラなのかドロドロなのか、ちょっと意識してみてください。

正しい夏の汗対策

では、夏の汗対策にはどのようなことに気をつければよいでしょうか。

こまめに拭き取る 

顔汗をふく
汗をかいたままにしておくと、角質層が水分を吸収してふやけてきます。ふやけた状態はとても傷つきやすいので要注意です!また、汗を放置するとお肌がアルカリ性に傾き、細菌が繁殖しやすくなります。汗をかいたら、こまめになるべく早く拭きとりましょう。拭く時は、こすったり、強く抑えたりしないように。優しくそっと押さえるようにしてくださいね。

拭き取る時には清潔なタオルハンカチやコットンパフなどを使いましょう。コットンパフなどの使い捨てのものは、蛍光染料や漂白剤不使用のものを選ぶと良いですね。オーガニックコットンでつくられた生成り(漂白されていない薄茶の状態)のパフがおすすめです。ただし、ドロドロ汗の場合はコットン繊維が顔に残ることがあるので、少し水で濡らしてから使うと良いでしょう。

洗顔料は石けん素地のものを使う

石けん洗顔
帰宅後はいち早く洗顔をして汗や汚れを落としましょう。使う洗顔料は、合成界面活性剤の入っていない、石けん素地を洗浄成分とする洗顔料(固形石けんなど)がおすすめです。石けん素地の洗顔料は水に触れると界面活性作用がなくなるのが特徴。水で洗い流した後にお肌に不要な成分が残らず、汗でデリケートになりがちな角質層を健康な状態に保つことが出来ます。

しっかり保湿

汗をかいた後の保湿
汗をかいた後の保湿は鉄則です!汗が蒸発した後は、お肌の水分も蒸発しています。お肌表面には皮脂だけが残ってベタベタするため、肌が潤っていると勘違いしやすいのですが、実は内側は乾燥していることが多いのです。

洗顔後は、化粧水を重ね塗りしてしっかりと水分補給を。1回目を塗って乾き始めてきたタイミングで2回目を塗ってください。一度に大量に塗っても角質層に取り込める量は決まっていて、それ以上は肌表面から蒸発してしまい、意味がないですし、逆に蒸発から乾燥を招くことになるのでやめてくださいね。

また、夏場は化粧水だけで油分を塗らない方もいらっしゃいますが、化粧水だけでは水分が蒸発してしまうので、水分を閉じ込める役割のある油分を適量使いましょう。皮脂の組成に近い植物性オイルなどを化粧水で保湿したあとに薄く伸ばすと良いでしょう。あくまでも皮脂膜の補助として、「ちょっと少ないかな」と思うくらいの量からお使いください。日中のテカリが気になっている方も、油分を少量補ってあげると、過剰な皮脂分泌が抑えられて効果的です。

いかがでしょうか。これからさらに暑くなって汗をかく季節、汗と上手に付き合って美肌を保ちましょう。

夏の汗対策におすすめのアイテムはこちら

オイルのベタベタが苦手という方にもおすすめ!お肌になじみやすい4種類のオーガニック植物オイルをオリジナルブレンド。角質内部はしっかり保湿して、肌表面はさらり。化粧水の後に、また、化粧水やジェルに1滴混ぜても使えます!

天海のしずくオーガニック フィトシードオイル
(美容オイル)
オーガニック美容オイル
30ml    税込3,456円
お試し2ml   税込756円:メール便対応

蛍光染料・漂白剤不使用のお肌にやさしい上質なコットンパフ。タンザニア産のオーガニックコットンを100%使用しています。綿本来のふわふわの柔らかい繊維は、夏の敏感なお肌にもぴったり。汗を拭く他にも、保湿や日焼け後のローションパックにも最適です。
無漂白オーガニックコットンパフ
オーガニックコットンパフ
60枚入  税込410円

関連記事

パックのタイミング

弱肌・敏感肌になってしまわないための正しい洗顔方法

今年もジメジメする梅雨に入りました。この季節は気温も湿度も一緒に上昇するので、肌表面がベタベ

記事を読む

パックへの疑問

美白ケアの疑問にお答え!4月から急上昇する紫外線に効果的な美白ケア

うららかな日差しが気持ちの良い季節。お花見やイベントなど、外出の機会も多くなってきましたね。

記事を読む

ターンオーバー

紫外線ダメージを溜めこまない、ターンオーバー復活スキンケア!

紫外線の強い季節、その肌への影響が心配ですよね。 紫外線対策のケアや、紫外線を浴びた後のケアは

記事を読む

紫外線ダメージの影響

湿度が下がる10月に始める!目元のシワ対策特集

秋が深まるにつれて、湿度が下がり、徐々に乾燥が気になってくる季節。 インターネット検索で「乾燥

記事を読む

スキンケアオイル

秋の乾燥肌を撃退する「オイル美容」

日ごとに深まる秋。お肌も衣替えをしている時季です。 朝洗顔する前に、頬からこめかみ辺りのお肌をじっ

記事を読む

汗による肌トラブル

夏本番に向けてお肌を整えよう!梅雨に起こりやすい肌トラブル対策

こんにちは。日本エステティック協会認定エステティシャンの田所知佳です。 梅雨空のもと、「乾燥の

記事を読む

シートパック

パックの疑問を徹底解説!シートパックの正しい使い方

本格的な乾燥の季節がやってきました。保湿美容液をたっぷり含んだ顔型のシートパックを、いつものケアに加

記事を読む

頭皮たるみ

頭皮マッサージで1㎝リフトアップ!顔たるみを解消する正しい頭皮ケア

秋は、抜け毛が多くなると感じたことはありませんか? これは、夏の間に受けた強い紫外線、

記事を読む

女性の目元

冬に進行する目元老化をストップ!美目元をつくる習慣とケア

新しい年も始まり、寒さや乾燥もいよいよピーク。 家の中では暖房器具が、外出すると冷たい乾いた風が容

記事を読む

パック 使い方

肌老化リスクは9、10月がピーク!秋肌に必要なスキンケア

夏の間に受けた紫外線ダメージがお肌に出てくる時期。私どものエステサロンにも、お肌のくすみやごわつきが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

頭皮たるみ
頭皮マッサージで1㎝リフトアップ!顔たるみを解消する正しい頭皮ケア

秋は、抜け毛が多くなると感じたことはありませんか? これ

ターンオーバー
紫外線ダメージを溜めこまない、ターンオーバー復活スキンケア!

紫外線の強い季節、その肌への影響が心配ですよね。 紫外線対策のケ

美白女性
美白成分アルブチンの実力とは?美白効果を高める使い方

さあ夏本番!海山川にとアウトドアが楽しみな季節ですが、油断をしていると

洗顔する女性
梅雨特有の肌悩みを解消!洗顔の見直しで毛穴の角栓・黒ずみ対策

ジメジメと湿度が高くなるこの季節は、乾燥が落ち着く反面、過剰な皮脂によ

糖化対策
今話題の「糖化」がまるわかり!肌を老化させない効果的な糖化対策

いつまでも若々しいお肌でいたいと思った時、多くの方は紫外線や乾燥といっ

→もっと見る

PAGE TOP ↑