*

今さらだけど詳しく知らない美容ワード!よくわかる「光老化」の話

夏の訪れといえば、気になるのが紫外線。あなたは『光老化』という言葉をご存じですか。
紫外線
光老化とは紫外線によって肌が老化してしまうことですが、肌老化の原因の80%は『加齢』ではなく、この『光老化』によってもたらされると言われています。
「紫外線はお肌に悪い」「紫外線に当たるとシミになる」は何となく認識されていると思いますが、「なんでお肌に悪いのか」「どれくらいダメージがあるのか」をもう少し深く知っておくことで、紫外線対策への本気度が違ってくるのではないでしょうか。

そこで今回は、加齢よりこわい、“紫外線による光老化”の仕組みと対策をわかりやすくご紹介していきます。

シミだけでなく肌全体が老化するの?

紫外線で老化するのは「酸化」と呼ばれる体内反応が原因で、これによって肌全体が老化していきます。わかりやすくいうと、屋外にある釘がサビたり、時間の経過によって輪ゴムが切れたり、切ったリンゴが変色したりなども酸化反応。色が悪くなったり、もろくなったり、縮んで固くなったりといったイメージですよね。これと同じようなことがお肌にも起こるのです。
酸化
紫外線がもたらす肌老化の例としては、おしりと手の甲のお肌の違いがわかりやすいでしょう。紫外線にほとんど当たることのないおしりの肌がツルツルしているのに対して、紫外線に当たりやすい手の甲の肌はごわつきがあったり、シワが多くなっているはずです。これこそが、紫外線が肌の老化に深く関係している証拠。

紫外線の本当の怖さは、すぐにシミが濃くなったり日焼けすることではなく、徐々に蓄積されてそろりそろりとお肌自体が錆びて朽ちていくような変化、つまり「光老化」にあるのです。

光老化のメカニズムとは

光老化は「酸化」とよばれる体内反応が原因と紹介しました。酸化は、酸素が体内で変換された「活性酸素」によって起こります。活性酸素は、強力な酸化力でもって体内に入ってくる有害物質を酸化させてやっつける働きするもので本来は私たちの味方です。しかしながら酸化力が強すぎるため、紫外線をたくさん浴びることなどによって大量に発生してしまった場合には、活性酸素が体内の細胞に傷をつけてしまい、体内の様々な機能が低下していくのです。
活性酸素

例えば、コラーゲンを作る繊維芽細胞を傷つけるとその働きが弱くなります。また、コラーゲン繊維の構造も壊してしまうので、コラーゲン同士が不自然な結びつきをしてしまい、固くなってしまいます。さらに、メラニンを作る色素細胞のDNAにも傷をつけるとメラニンの産生量が増えてしまいます。そして、メラニンの元となるチロシンという物質が代わりに酸化されて、沢山酸化されると結果的に肌色が濃く(黒く)なります。メラニンは減ってくれたら良いのにこちらは増えるんですよね~(;。;)ここでは詳しく触れませんが、これはメラニンがお肌を守ってくれている存在だからなんですね。これらが光老化のメカニズムです。

私たちが呼吸によって取り込んだ酸素のうち、およそ2%がこの「活性酸素」に嫌でも変換されるそうです。ですが、そんなものとは比較にならないレベルで活性酸素を大量発生させるのが紫外線なのです。例えば真夏に日差しを1時間浴びると、1つ1つの細胞に100万個もの傷がつくといわれています。

光老化からお肌を守るための2つの対策

1.紫外線対策
2.抗酸化ケア
のダブルのケアが基本です。
日焼け対策

光老化は、紫外線を浴びた時間と強さに比例しますので、まずは紫外線に当たらないようにすることが最も大切です。紫外線に当たるときには肌が露出しないようにする、日焼け止めを塗るなどの対策をかかさずに。数日数ヶ月後のシミや日焼けを防ぐためだけでなく、将来の深いシワやぶよぶよたるみを防ぐという意識も持って臨みましょう。

それから、抗酸化ケアは、食事と化粧品からの両方で行います。いわゆる「抗酸化物質(成分)」を摂取することです。人間にはもともと体内で発生する活性酸素を消去する力も備わっています。スーパーオキシドジムスターゼ(SOD)やカタラーゼなど「抗酸化酵素」がその役割を果たします。しかし、残念なことに20歳頃をピークに減少すると言われているため、年齢を重ねるほどに「抗酸化物質」を積極的に摂って酸化を防ぐことが必要になってきます。ビタミンに代表される抗酸化物質は”酸化されやすい”という性質があり、体内での酸化反応が起こる前に抗酸化物質が先に酸化されるため、私たちは酸化から守られるという仕組みです。

代表的な抗酸化物質とそれを多く含む食品

■ベータカロチン : 人参、カボチャ、春菊などの緑黄色野菜類
■ビタミンC : ピーマン、ブロッコリー、いちご、レモン、アセロラ、グァバなどの野菜や果物類
■ビタミンE : アーモンドやナッツ、ごまなどの種実類
■ポリフェノール:ブルーベリー、ぶどう、茶、コーヒー、高カカオチョコレートなど
緑黄色野菜

ちなみに、ビタミンやポリフェノールは体内で溜められないので、3、4時間ごとにこまめに摂りましょう。ポリフェノールを含んだ飲み物(お茶など)なら手軽に飲めますね。口から摂るもの以外にも、化粧品でも抗酸化物質(成分)を積極的に取り入れましょう。

化粧品に配合されている抗酸化成分

代表的な抗酸化成分は「ビタミンC誘導体」です。ビタミンCの吸収と安定性を高めたものがビタミンC誘導体で種類がいくつかありますが、その中でも従来のビタミンC誘導体の100倍以上の浸透力があるAPPS(進化型ビタミンC誘導体)がおすすめです。実際に配合されている化粧品の成分表示には『パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na』と表示されています。それから、ビタミンCそのものは塗ってもお肌に入らないので、輪切りレモンを顔に乗せたりしないでくださいね。
ビタミンc誘導体
また、ビタミンCよりマイナーなのですが、抗酸化力でいうと断トツで1番の成分があります。「フラーレン(ラジカルスポンジ)」です。なんとビタミンCの持つ抗酸化力の125倍といわれています。ビタミンCは自らが犠牲になって酸化されていくので徐々に抗酸化能力はなくなってしまいますが、フラーレンは活性酸素をスポンジのように吸い取って無害化してくれるので、抗酸化の効果が10時間以上続くといったデータがあります。朝晩のスキンケアに使うと、ほぼ24時間フラーレンが肌の上で活性酸素を取り除いてくれるということになります。これは心強いですね。

光老化は瞬時に目に見える変化ではありません。その分、美容情報に振り回されやすいといえるので、ある程度の知識を蓄えて正しい対策を積み重ね、数年後のお肌に差をつけましょう。

光老化対策におすすめのアイテムはこちら

抗酸化力ナンバーワンの『フラーレン』を高配合したジェル状美容液。『フラーレン』を規定量以上配合した製品にのみ表示許可が与えられているR.S.マーク(ラジカルスポンジマーク)がついています。光老化が進む夏のケアにぜひ取り入れてみてください。

天海のしずく オールジェル-e
フラーレンオールインワンジェル
50g 税込9,720円
お試し5g 税込997円

抗酸化物質『ポリフェノール』を1杯(200cc)で70mg摂取できる、自家農園産グァバ茶。南国高知の太陽をいっぱいに浴び、農薬、化学肥料、除草剤を使わない徹底した自然農法で育てた茶葉はポリフェノールが豊富なだけでなく、美白効果(チロシナーゼ抑制効果)も期待出来ます!

ジュジュグァバティー
オーガニックグァバ茶
5包入 税込540円
お試し1包入 税込130円

関連記事

化粧水保湿

これさえ知っていればこわくない!うっかり日焼けの対処法

4月からじわじわ増え続けてきた紫外線。真夏はまだまだ先・・・なんて気持ちもわかりますが、紫外線量を見

記事を読む

美白女性

美白成分アルブチンの実力とは?美白効果を高める使い方

さあ夏本番!海山川にとアウトドアが楽しみな季節ですが、油断をしていると一気にシミが出てきたり、シミが

記事を読む

汗をかく女性

汗が招く肌トラブル!夏の美肌づくりは汗対策がポイント

今年の夏は格別に暑いですね。そんな暑さと切り離せない悩みが『汗』。お肌を潤してもくれる大切な汗ですが

記事を読む

パック 使い方

肌老化リスクは9、10月がピーク!秋肌に必要なスキンケア

夏の間に受けた紫外線ダメージがお肌に出てくる時期。私どものエステサロンにも、お肌のくすみやごわつきが

記事を読む

頭皮たるみ

頭皮マッサージで1㎝リフトアップ!顔たるみを解消する正しい頭皮ケア

秋は、抜け毛が多くなると感じたことはありませんか? これは、夏の間に受けた強い紫外線、

記事を読む

パックのタイミング

弱肌・敏感肌になってしまわないための正しい洗顔方法

今年もジメジメする梅雨に入りました。この季節は気温も湿度も一緒に上昇するので、肌表面がベタベ

記事を読む

女性の目元

冬に進行する目元老化をストップ!美目元をつくる習慣とケア

新しい年も始まり、寒さや乾燥もいよいよピーク。 家の中では暖房器具が、外出すると冷たい乾いた風が容

記事を読む

パックへの疑問

美白ケアの疑問にお答え!4月から急上昇する紫外線に効果的な美白ケア

うららかな日差しが気持ちの良い季節。お花見やイベントなど、外出の機会も多くなってきましたね。

記事を読む

汗による肌トラブル

夏本番に向けてお肌を整えよう!梅雨に起こりやすい肌トラブル対策

こんにちは。日本エステティック協会認定エステティシャンの田所知佳です。 梅雨空のもと、「乾燥の

記事を読む

洗顔する女性

梅雨特有の肌悩みを解消!洗顔の見直しで毛穴の角栓・黒ずみ対策

ジメジメと湿度が高くなるこの季節は、乾燥が落ち着く反面、過剰な皮脂によって起こるざらつきや毛穴の悩み

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

頭皮たるみ
頭皮マッサージで1㎝リフトアップ!顔たるみを解消する正しい頭皮ケア

秋は、抜け毛が多くなると感じたことはありませんか? これ

ターンオーバー
紫外線ダメージを溜めこまない、ターンオーバー復活スキンケア!

紫外線の強い季節、その肌への影響が心配ですよね。 紫外線対策のケ

美白女性
美白成分アルブチンの実力とは?美白効果を高める使い方

さあ夏本番!海山川にとアウトドアが楽しみな季節ですが、油断をしていると

洗顔する女性
梅雨特有の肌悩みを解消!洗顔の見直しで毛穴の角栓・黒ずみ対策

ジメジメと湿度が高くなるこの季節は、乾燥が落ち着く反面、過剰な皮脂によ

糖化対策
今話題の「糖化」がまるわかり!肌を老化させない効果的な糖化対策

いつまでも若々しいお肌でいたいと思った時、多くの方は紫外線や乾燥といっ

→もっと見る

PAGE TOP ↑