*

美白ケアの疑問にお答え!4月から急上昇する紫外線に効果的な美白ケア

公開日: : 最終更新日:2017/12/29 セルフケアの方法, 化粧品の選び方, 化粧品成分, 日焼け , ,

うららかな日差しが気持ちの良い季節。お花見やイベントなど、外出の機会も多くなってきましたね。

そんな春の紫外線量は4月から急激に増えることをご存じですか?その量はなんと9月と同等量になります。
春の紫外線

UVインデックス累年平均値グラフ 
 (参考:気象庁ホームページ)

これは毎年言っていることなのですが、「夏になったら美白ケアを始めよう」「日焼けしたから美白化粧品を使おう」…これでは圧倒的に手遅れです。

できてしまったシミや日焼けした肌をなんとかするのは、時間もお金をもかかりますし、残念ですが、いくらケアしてもセルフケアでは元通りにはならない場合がほとんどなのです。

そこで今回は、今だから知っておきたい『4月から始める効果的な美白ケアの方法』についてご紹介します。

「美白ケア」ってどんなことを指すの?

美白ケアは、大きくこの2種類に分かれます。

①シミの原因となる『メラニン色素の生成抑制作用』=予防
②出来たシミを消す『漂白作用』=対処

あなたは今お使いの美白化粧品にどちらの作用があるか意識して使われていますか?

成分による美白作用の違い――――――――――
<1>メラニン生成抑制作用
ビタミンC・アルブチン・プラセンタエキスなど

<2>漂白作用
ハイドロキノン・ビタミンC・コウジ酸など
――――――――――――――――――――――
美白スキンケア

例えば、「でも、アルブチンでも肌が白くなったよ!」という場合は、お肌のターンオーバーが働いたことでもたらされていると思ってください。

メラニン生成抑制作用のある成分を継続的に使用することで、メラニン量が少ない層が肌の深部で生まれ、くすんだ肌表面の角質がターンオーバーで自然に剥がれ落ちていく度に、それが肌表面に出てくるため、肌が白くなったと実感されるケースです。

また、その化粧品の保湿性が高ければ、角質層(肌表面)がレフ板のような働きをして光を反射させ、透明感が生まれるため、肌が白くなったと感じられるという仕組みです。

このように、美白作用には大きく2つ(メラニン生成抑制と漂白作用)あって、メラニンに対する直接の作用は別のものとして捉えておくと、この先、美白への理解がより深まり、やみくもに美白化粧品を試さなくよくなるはずです。

結論としては、春から夏にかけては紫外線量が急激に増えていく時季なので、<1>のメラニン生成抑制作用がある成分を使った美白化粧品を、毎日のスキンケアに積極的に取り入れることをおすすめします。

メラニンの生成を抑制する成分はどれが一番有効?

美白への疑問

その人によって成分の効き方は変わるというのが正直なところ。

というのも、大きく分けて3段階あるメラニンの生成過程のどの部分にアプローチすれば一番効果が現れるかはその人によって変わってくるからです。

メラニン生成過程――――――――――――
STEP1
紫外線を浴びると、メラニン合成指令(情報伝達物質)を色素細胞に送る

STEP2
指令を受けて、色素細胞ではチロシナーゼ酵素が活性化して黒色メラニンをつくる

STEP3
色素細胞からその上にある表皮細胞にメラニンが渡される
―――――――――――――――――――――――

一番メジャーな美白成分の働きが、<STEP2>のチロシナーゼ酵素の活性を阻害するものですよね。まずはこの成分を使ってみて、効果が現れにくければ、<STEP1><STEP3>に働く成分を使ってみるのがいいと思います。

また、紫外線を浴びた際に発生する活性酸素に働く(抗酸化)成分も間接的な美白成分と言えます。ビタミンE、フラーレンなどと組み合わせて使うのも効果的です。

それから…、成分ばかりに着目しがちでスルーされやすいのですが、美白化粧品を塗る前には、肌表面の角質層を潤いで満たしておくことが地味ですが非常に大事なことです。美白成分の浸透具合がかなり変わってくるからです。

洗顔後すぐに(まだお肌が潤っている状態で)塗ることも有効ですし、今まで化粧水を使っていなかった方は化粧水を使って水分を与えておいてから、美白アイテムを塗るようにすると良いでしょう。

美白に限らず、万人に合う化粧品はありません。正しい使い方をすることと自分に合うものを探すことが大事なのです。

知らないと損!効果的な美白ケアのコツ

「じゃあ、今日から早速美白化粧品に切り替えて使い始めてみよう!」その時にぜひ思い出していただきたい『美白の3ヶ条』をご紹介します。

一、美白化粧水と美白美容液をダブル使いするべし


肌内部への浸透

化粧水で水分を十分に与えて、角質内の細胞と細胞の間隔を広げておくと美白成分の浸透が良くなります。この時たっぷりと使う化粧水も美白成分の入ったものにするとなお効果的です。

それから、有効成分を一番多く含むアイテムが美容液なので、美白をしたいなら、美白美容液は外せないマストアイテムです。

一、頬からこめかみに特にたっぷり使うべし


美白スキンケア
シミが最も現れやすいのが、頬~こめかみ。この部分は顔の中で出っ張っている部分で前からも横からも紫外線の影響を受けやすい要注意ゾーンです。この部分は美白化粧品はもちろん、日焼け止め、ファンデーションも重ね塗りをして対策しましょう。

一、朝は保湿ケア、夜に美白ケアに重点をおくべし


干物と生のお魚、どちらが焼けやすいですか?
nh
・・・・・・

干物ですよね。

お肌も同じで、お肌がしっかり潤っていれば、お肌のバリア機能が働き、紫外線の刺激を受けにくくなります。朝は美白に加えて、保湿効果にも着目して化粧品を選びましょう。代表的な保湿成分はグリセリン、コラーゲン、ヒアルロン酸、リピジュアなどです。

また、潤いのあるお肌はターンオーバーもスムーズに行われるので、メラニンの沈着を防いでくれることにもつながります。

いかがでしたか。
美白ケアの基本を押さえ、春の紫外線の刺激に負けない透明感のある美しい肌を目指しましょう!

春に使いたい!おすすめの美白化粧品はこちら

メラニン生成抑制力が一般的なアルブチンよりも10倍高いとされるαアルブチン配合の美白化粧水、グランスアルファ。200mlと大容量なので、ぜひたっぷりとお使いください。

美白化粧水
<美白化粧水>
天海のしずくライト グランスアルファ
200ml 税込5,400円 
20ml 税込648円

最新型ビタミンC誘導体(APPS)を配合したAEローションは、春の美白にぜひ加えて欲しい秀逸品。美白に加え、抗酸化+保湿+コラーゲン生成促進作用も兼ね備えた、今こそ頼れる美容液です!

APPS美白美容液
<美白美容液>
天海のしずく AEローション
100ml 税込14,040円 

関連記事

ルースファンデーション

ファンデーションの種類と成分を大解剖!肌に優しいファンデーションの選び方

3月は、春の新作ファンデーションが各社から続々と発売されるシーズンですね。普段、スキンケアは気をつけ

記事を読む

紫外線

今さらだけど詳しく知らない美容ワード!よくわかる「光老化」の話

夏の訪れといえば、気になるのが紫外線。あなたは『光老化』という言葉をご存じですか。 光老化とは

記事を読む

パック 使い方

肌老化リスクは9、10月がピーク!秋肌に必要なスキンケア

夏の間に受けた紫外線ダメージがお肌に出てくる時期。私どものエステサロンにも、お肌のくすみやごわつきが

記事を読む

美白女性

美白成分アルブチンの実力とは?美白効果を高める使い方

さあ夏本番!海山川にとアウトドアが楽しみな季節ですが、油断をしていると一気にシミが出てきたり、シミが

記事を読む

ターンオーバー

紫外線ダメージを溜めこまない、ターンオーバー復活スキンケア!

紫外線の強い季節、その肌への影響が心配ですよね。 紫外線対策のケアや、紫外線を浴びた後のケアは

記事を読む

パックの頻度

はじめよう、育菌!美肌を育てるキーマン「皮膚常在菌」

お肌をきれいに保つには、お肌に生息する「皮膚常在菌」の働きが重要であることが最近注目され始めました。

記事を読む

汗をかく女性

汗が招く肌トラブル!夏の美肌づくりは汗対策がポイント

今年の夏は格別に暑いですね。そんな暑さと切り離せない悩みが『汗』。お肌を潤してもくれる大切な汗ですが

記事を読む

化粧水保湿

これさえ知っていればこわくない!うっかり日焼けの対処法

4月からじわじわ増え続けてきた紫外線。真夏はまだまだ先・・・なんて気持ちもわかりますが、紫外線量を見

記事を読む

女性の目元

冬に進行する目元老化をストップ!美目元をつくる習慣とケア

新しい年も始まり、寒さや乾燥もいよいよピーク。 家の中では暖房器具が、外出すると冷たい乾いた風が容

記事を読む

紫外線ダメージの影響

湿度が下がる10月に始める!目元のシワ対策特集

秋が深まるにつれて、湿度が下がり、徐々に乾燥が気になってくる季節。 インターネット検索で「乾燥

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

頭皮たるみ
頭皮マッサージで1㎝リフトアップ!顔たるみを解消する正しい頭皮ケア

秋は、抜け毛が多くなると感じたことはありませんか? これ

ターンオーバー
紫外線ダメージを溜めこまない、ターンオーバー復活スキンケア!

紫外線の強い季節、その肌への影響が心配ですよね。 紫外線対策のケ

美白女性
美白成分アルブチンの実力とは?美白効果を高める使い方

さあ夏本番!海山川にとアウトドアが楽しみな季節ですが、油断をしていると

洗顔する女性
梅雨特有の肌悩みを解消!洗顔の見直しで毛穴の角栓・黒ずみ対策

ジメジメと湿度が高くなるこの季節は、乾燥が落ち着く反面、過剰な皮脂によ

糖化対策
今話題の「糖化」がまるわかり!肌を老化させない効果的な糖化対策

いつまでも若々しいお肌でいたいと思った時、多くの方は紫外線や乾燥といっ

→もっと見る

PAGE TOP ↑