*

肌老化リスクは9、10月がピーク!秋肌に必要なスキンケア

夏の間に受けた紫外線ダメージがお肌に出てくる時期。私どものエステサロンにも、お肌のくすみやごわつきが気になって…と駆け込んでこられるお客様が増えています。
秋の肌悩み
国内大手化粧品メーカーのデータによると、お肌の色が一番暗くなるのは夏本番ではなく9月からだそう。それに加えて、湿度の低下とともに乾燥も出てくるという過酷な状況。まさに“秋枯れ肌”…”(/へ\*)そこで今回は、秋枯れ肌を防ぐスキンケアのポイントを年齢別にご紹介します。

“秋枯れ肌”ってどんな症状?

□ ツヤや滑らかさが失われたようなカサカサ感
□ 厚く硬くなったようなゴワゴワ感
□ ハリがなくなってしぼんでいる
□ 全体的にどんよりくすんでいる
□ 化粧品を変えていないのに敏感、デリケートになっている

これらはすべて夏の強烈な紫外線の影響で、お肌の最表面にある「角質層」の状態が悪くなっていることが引き金になっていると考えられます。通常は下の図の左側のように、皮膚細胞は美しく並んでいます。イメージとしては、二の腕の内側のようなお肌ですね。
肌断面

紫外線を浴びると、この細胞の並びに乱れが生じ、角質層の細胞もやせ細って(扁平で薄くなって)しまい、細胞と細胞のすき間もすかすかになってしまいます。こうなると、肌内部の水分も蒸発してしまい、水分を保っておくことも出来ないので、乾燥してキメが乱れていきます。そうすると肌触りがごわごわサラザラしてきますね。

また、細胞の並びとキメが乱れると、紫外線が角質層を容易に通過してしまうので、ハリ弾力を生むコラーゲンやエラスチンが壊されてしまい、肌全体がしぼんだ印象になってきます。また、角質層がバリアの役割を果たせないので、普段は平気な化粧品成分などにも反応してかぶれや赤みが生じやすくなります。

角質層の状態が悪いと不要になった角質が剥がれ落ちなくなり、ターンオーバーは遅くなるので、メラニンが停滞してくすみやシミの濃さが目立つようになります。

このように、秋枯れ肌になる発端は、角質層の状態が悪くなっていることにあると言えます。たった0.02mmしかない「角質層」。この薄くデリケートな部分を大切にすることが 秋冬を美肌で過ごせるかどうかのポイントになります。

健康な角質層と水分皮脂量の関係

角質層を健康に保つことが出来ていると、秋枯れ肌の症状はほとんど現れません。しかし、“30歳くらい”からは、どんなに気をつけていても表れるようになってきます。それは、この年齢境に角質層の老化が進むからです。

年齢別の水分量と皮脂量

上のグラフは年齢別の水分量と皮脂量を示したものです。水分量は加齢とともにどんどん減少していきます。これは、水分の量自体+水分を貯える力が衰えていくことが影響しています。30歳くらいまでは減少していく水分量を、皮脂の分泌を増えていくことによってカバーし、健康な角質層の保持に役立っています。

※皮脂量は10代が一番多いように思われがちですが、水分と皮脂は違う動きをしています。お客様の中でも、20代後半から30代前半の方で「朝バッチリ化粧をしても昼頃には顔が皮脂でテカテカ。でも乾燥する。」というお悩みをよくお聞きします。これは、水分の減少と皮脂の増加のバランスが取れにくい年代の頃にあたるためです。

少し、話が逸れました(( _ _ ))その後、皮脂量は30代から急激に減っていき、40代半ば頃には皮脂量が水分量を下回り、超乾燥期が訪れます。

つまり、角質層を健康に保つためには、水分と油分の動きを理解し、適切なバランスで補っていことが重要なのです。

20代後半~30代前半の方は、積極的に化粧水で水分を補給すること。

30代後半~40代前半の方は、化粧水を中心に油分もごく少量から使い、バランス良く補給すること。
(★ここの年代のケアがその後のお肌を決めます!油分の使いすぎに気をつけて!)

40代後半以上の方は、化粧水も使用しつつ、特に秋冬は早めに油分を積極的に補給すること。角質層を少しでも良い状態に保てるよう、ターンオーバーを促進させてくれる成分(表皮細胞成長因子=EGFなど)を取り入れたいのもこの年代です。

必見!年齢別の基本スキンケア

20代後半~30代前半の方

ローションパック
いつものスキンケアに加えて、洗顔後に化粧水を一度塗ったあと、その化粧水をコットンに浸してローションパックを入れるがおすすめです。お肌に化粧水が触れている時間に比例して、保湿効果は高まります。コットンが乾かないように上からラップで覆って、10分くらいじっくりパックをしてください。水分と油分のバランスが取れて、皮脂テカリや大人ニキビが抑えられ、秋特有のザラザラ感解消に繋がります。
この年代はあまりあれこれやり過ぎることの方が禁物です。甘やかしすぎないスキンケアを心掛けてください。

30代後半~40代前半の方

オイルマッサージ
洗顔にお湯(温かいと感じる温度)は絶対に使わないこと。皮脂量も減っていて、お肌の上の汚れがしつこい汚れに変わりにくいので、ぬるま湯(ほぼ水)で洗ってください。
ただ、年齢的には肌表面の固くなった角質は剥がれ落ちにくくなっていますので、週に1回くらいを目安に、お化粧を落としたあと、お風呂の中で美容オイルを使ったマッサージ2~3分行いましょう。すると、一気にお肌が柔らかくなってトーンアップしたのがお分かりいただけると思います。お肌の新陳代謝をサポートし、この年代で急減する皮脂のカバー(保湿)も果たせます。

そして、「美容液」が必須になるのがこの年代。そろそろ攻めのスキンケアをしていかないといけません。普段お使いでない方は、トライアルなどでご自分にあう美容液を探してみましょう。

40代後半以上の方

EGF美容液
洗顔にお湯NG、美容オイルマッサージに加えて、美容液の選び方がカギ。角質層を少しでも良い状態に保てるよう、ターンオーバーを促進させてくれる成分や肌細胞の機能を活性化してくれる成分を配合した美容液を厳選してください。おすすめは、表皮細胞成長因子と呼ばれるEGFという成分が配合されている美容液。この年代になってくると、角質層がどうしても薄くなってくるので、外から物理的に剥がす方法(ピーリングやスクラブマッサージ)はおすすめできません。逆に内側から新しい細胞を作りだし、要らなくなった老化角質を自然と押し出すのです。

また、新陳代謝自体が滞りがちになるので、水分を積極的に飲んで(特にお風呂の前にはコップ1杯を必ず)老廃物を外に出すことや、美容オイルマッサージの前には鎖骨の下から脇にかけてのリンパを流すなどの、今まで以上のひと手間を意識してください。

秋肌ケアにプラスしたいアイテムはこちら

20代~30代前半の方のローションパックにはこれ!
高保湿化粧水
天海のしずくオーガニック ローション(保湿化粧水)
120ml    税込3,240円
お試し2ml   税込486円:メール便対応

30代後半~40代前半の方のオイルマッサージにはこれ!
美容オイル
天海のしずくオーガニック フィトシードオイル(美容オイル)
30ml    税込3,456円
お試し2ml   税込756円:メール便対応

40代後半以上の方のEGFの補給にはこれ!
EGFオールインワンジェル
天海のしずく オールジェル-eモア(美容液ジェル)
50g    税込9,720円
お試し2ml   税込997円:メール便対応

少し知っておくだけで、少し手間を掛けるだけで、お肌は必ず応えてくれます。秋の夜長はお肌と優しく向き合う時間をぜひ取って下さいね。

関連記事

女性の目元

冬に進行する目元老化をストップ!美目元をつくる習慣とケア

新しい年も始まり、寒さや乾燥もいよいよピーク。 家の中では暖房器具が、外出すると冷たい乾いた風が容

記事を読む

汗による肌トラブル

夏本番に向けてお肌を整えよう!梅雨に起こりやすい肌トラブル対策

こんにちは。日本エステティック協会認定エステティシャンの田所知佳です。 梅雨空のもと、「乾燥の

記事を読む

パックへの疑問

美白ケアの疑問にお答え!4月から急上昇する紫外線に効果的な美白ケア

うららかな日差しが気持ちの良い季節。お花見やイベントなど、外出の機会も多くなってきましたね。

記事を読む

洗顔する女性

梅雨特有の肌悩みを解消!洗顔の見直しで毛穴の角栓・黒ずみ対策

ジメジメと湿度が高くなるこの季節は、乾燥が落ち着く反面、過剰な皮脂によって起こるざらつきや毛穴の悩み

記事を読む

スキンケアオイル

秋の乾燥肌を撃退する「オイル美容」

日ごとに深まる秋。お肌も衣替えをしている時季です。 朝洗顔する前に、頬からこめかみ辺りのお肌をじっ

記事を読む

紫外線ダメージの影響

湿度が下がる10月に始める!目元のシワ対策特集

秋が深まるにつれて、湿度が下がり、徐々に乾燥が気になってくる季節。 インターネット検索で「乾燥

記事を読む

アンチエイジングを意識する女性

肌のアンチエイジングに本当に必要な3つのポイント

心機一転、春から化粧品やスキンケアの方法を見直そうと思われる方も多いと思います。スキンケアにかける時

記事を読む

パックのタイミング

弱肌・敏感肌になってしまわないための正しい洗顔方法

今年もジメジメする梅雨に入りました。この季節は気温も湿度も一緒に上昇するので、肌表面がベタベ

記事を読む

シートパック

パックの疑問を徹底解説!シートパックの正しい使い方

本格的な乾燥の季節がやってきました。保湿美容液をたっぷり含んだ顔型のシートパックを、いつものケアに加

記事を読む

パックの頻度

はじめよう、育菌!美肌を育てるキーマン「皮膚常在菌」

お肌をきれいに保つには、お肌に生息する「皮膚常在菌」の働きが重要であることが最近注目され始めました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

頭皮たるみ
頭皮マッサージで1㎝リフトアップ!顔たるみを解消する正しい頭皮ケア

秋は、抜け毛が多くなると感じたことはありませんか? これ

ターンオーバー
紫外線ダメージを溜めこまない、ターンオーバー復活スキンケア!

紫外線の強い季節、その肌への影響が心配ですよね。 紫外線対策のケ

美白女性
美白成分アルブチンの実力とは?美白効果を高める使い方

さあ夏本番!海山川にとアウトドアが楽しみな季節ですが、油断をしていると

洗顔する女性
梅雨特有の肌悩みを解消!洗顔の見直しで毛穴の角栓・黒ずみ対策

ジメジメと湿度が高くなるこの季節は、乾燥が落ち着く反面、過剰な皮脂によ

糖化対策
今話題の「糖化」がまるわかり!肌を老化させない効果的な糖化対策

いつまでも若々しいお肌でいたいと思った時、多くの方は紫外線や乾燥といっ

→もっと見る

PAGE TOP ↑